日本での印鑑の意味

印鑑イメージ

印鑑の意味は歴史とともの変わってきたようです。
昔はある一定一部の権力者のみが所有していた印鑑ですが民間人が印鑑を所有するようになった切っ掛けは昔の人は字を書ける人が少なかったからとも言われています。

言葉や文字が発達し重要な意味をなす日本では印鑑で決まったメッセージを打ち出すことにより相手に伝える手段として印鑑が使われ始めたようです。
そして現在の印鑑の意味は社会的、法的約束を受理したことを表し、あらゆる場面の証拠となるほど重要な位置にあります。

一般のかたであまり印鑑を頻繁に使用する方は少ないと思いますが銀行印であれば通帳を作ったあとも永遠に保管しておかなければならないですし生命保険への加入や保証人になるときなども印鑑は自分の意思を相手に約束する証しとして意味してきています。

いずれにしても金銭に関係してくる内容のときに活躍するのが印鑑となってきていますね。

しかしスーパーで野菜を買うときに印鑑を持っていくことはありません。
現金で買うから必要ないのは当たり前ですがクレジットカードで買い物をする方にとってはカードを作るときに必ず印鑑を使用しているはずです。
このように印鑑に代わる用途を成すものも現在は現れてきているのです。

今後も歴史とともに人々の生活とともに印鑑の意味や価値観は変わってくると思われますが、出来ない約束はしないと言うのと同じようにむやみ印鑑を押すことによって人生をも変える可能性が今も昔も、そして今後もありますので慎重に使用しなくてはならないものの一つではあります。

ページの先頭へ