昔の印鑑

昔の印鑑イメージ

人類史上、人と人が約束をしたり何か革命や行動を起こす際、活躍してきた印鑑ですが約5000年以上前から印鑑を押す習慣はあったと言われています。

昔は今と違い民間人が印鑑を持つことはなく国や団体の権力者たちのみ持っているようでした。
その後、中国を経由して日本に印鑑を使用する習慣が伝わってきました。

日本の治安の良さは世界でも群を抜いて良いと言われていますがわびさびと同様、印鑑を押すことにより法的権力が働く規制によりその風土を保っているとも思われます。
昔の印鑑は今の印鑑と違い土でできた粘土板のようなものに型を押しつけ形づけるように彫刻に似たものでした。
ですので押されて残ったものの方が今の印鑑のようです。

世界中を見てみると印鑑を所有し押す習慣は多くなくほとんどの国では今も直筆のサインが認められ印鑑登録制度も日本や一部の国の独特な文化・習慣のようです。

個人が印鑑を所有し押すようになったのは平安・鎌倉時代からと言われておりそのころから日本独自の法律や憲法が作られ国作りの一環が背景として見えます。

日本でもっとも古い印鑑は北九州で見つかった漢倭奴国王(かんのなのわのこくおう)が所有していた純金でできた印鑑と言われています。

現在は国宝として大事に保管されているようです。
純金の素材でできたことや、その大きさや形から昔の権力者の持つ印鑑はその財力や権力を象徴する証しであり国を治める王としての偉大さを表すものだったのでしょう。

現在でも会社によってはその会社の象徴として使われているところは少なくありません。

ページの先頭へ