色々な素材でつくられる印鑑

印鑑の素材イメージ

みなさんの身の回りにあるもはいろいろな素材で出来ています。
もともとは石油であったり木であったり鉄や石であったり。
その中でも高級な珍しい石であったり貴金属であったり。

印鑑も同様いろいろな素材で作られ、その素材によって良いところや悪いところがあると思われます。

印鑑の素材で代表的なものの一つに竹の素材で出来ている印鑑があります。

竹の素材は大昔から慕われて使われており地球環境にも良い素材と言えるでしょう。
竹は印鑑以外の道具などにも古くから用要られています。

それは絶妙な堅さや柔軟さや加工のしやすさなどから使用しやすく木や石油などと違いおどろくほどの生命力により生産性が良いからです。

印鑑にするときは竹の根の部分を使います。
根の部分が印字したときの朱肉の付きが良く独特の表情を見せることが評価されているからなのです。

その他チタンで作られた印鑑もあります。
印鑑の文字部分よりも印鑑本体の見栄えや高級感を意識したものです。

しかも丈夫で純金で作り財産として所有する方もいるくらいです。

どのようなことに使う印鑑なのかで素材を選ぶというのも重要です。
宅急便のお兄さんが荷物を配達してくれ訪れたときには簡単な認め印で純金で出来ている実印を押す人は少ないですよね。

このように用途によって使い分けることが必要です。
ある程度、高額な印鑑もありますので大事な人へのプレゼントなどにもどうでしょうか。

良い印鑑を持つと一生使い続け残るものです。素材選びもそれを考え選ぶことを願います。

ページの先頭へ