印鑑を作るなら

印鑑イメージ

社会人の証しとして誰しもが持っていると思われる印鑑ですが、みさなんはどのような印鑑をお持ちですか。
印鑑はみなさんがお考えしているより重要で大事ですので知識として覚えていてください。

人によっては印鑑を作る際に開運を願い金運や商売繁盛を盛り込む印鑑を作る方がいます。

そして印鑑は自分の分身として社会的に重要な役目をなします。
契約書の承知印であったり銀行印にする際には本人確認の最終手段として用要られます。
印鑑に朱肉を付け押した時点で法的責任が伴い認めたことを表すことになるのです。

そのうえ印鑑を作るのであれば防犯を意識したものを作ることをおすすめします。

パソコンや印刷機器の性能が良くなることで偽装をしてみなさんの大事な財産、預金を盗もうとする犯罪があるからです。
いくら身内であっても預けたり貸したりすることは絶対にしないでください。
身内が犯罪をしないにしても、どこでどんな偽装の機会を与えるかわからないからです。

もう一つ印鑑を作るなら自分にあった表情の印鑑を作りましょう。
会社で必ずあると思われる会社の社名が彫られている社印。あれは看板でもあり会社をイメージする大事な広告塔です。

おしゃれな文字を使ってみたり規則正しい整列の書体にしてみたりとアピールの方法はいろいろありますが、相手への印章を良くするも悪くするも社印、印鑑の表情が大事になってくるのです。

個人の印鑑も同じくみなさんらしい印鑑を持つことで相手への印章を良く出来るのです。
文字や書体だけではなく印鑑自体の形や大きさも個性を表します。

ページの先頭へ